「秋葉街道」後半

image3.jpeg

5月17日 8:47周辺を散策したりで予定より一時間ほど遅いスタート

昨夜ガーミン充電し忘れて、サイコン無しで走る羽目になったorz

でも今日の峠は一つだけなんで気持ちは軽い。向かう方向も明るい〜♪

image1.jpeg

御池山隕石クレーター 

2~3万年前の氷河期に約45mの隕石が衝突して出来た。

クレーターの内側にある林道を進んでいく。

 

image2.jpeg

「下栗の里」 日本のチロルとかマチュピチュと呼ばれてる

道路から少し入ると「この先自転車進入禁止」、置いて行くのは嫌だったけど自転車デポしてビューポイントまで15分ほど歩いた。平日だからか結局は誰にも会いませんでしたけどね。

 

image3.jpeg

下栗の里の村の中をゆっくりと・・・自転車は通行可能♪

案内人らしき人が古い石垣を指さして歴史の説明?・・・

 

image1.jpeg

慎重に下って152号線に復帰

「兵越峠全面通行止」の案内に、はいはい又ですか(^^;;

浜松へ行くには「青崩峠」越えか天竜川沿いへ迂回するしかない。天竜川沿いは四半世紀前にバイクで走ってるのでパス。なんとかなるでしょっ!?ということで、計画段階で迷ってた青崩峠越えに決定。最初からの予定だったと思えばどうってことないですからね(笑)

 

image2.jpeg

旧木沢小学校

 

image3.jpeg

木造校舎経験は小三までで、半世紀以上前のことorz

 

image1.jpeg

11:31 兵越峠と青崩峠への分岐点。進入禁止ではない(笑)

手前で獲物を探す猟師がいた。熊だけには遭いませんようにw

この手前の工事現場の人に通れないよと心配されたが、担げば行けなくはないと言われて安心した。

 

image1.jpeg

この林道も、たしかに国道152号線

この先の二股を左に行けば、林道だけで登山口まで行けたのに・・・あとで思い出すと、そういえば左へ行く道があったような気がするって感じで間違えやすい!。道なりに進むと河原でしたw

 

image2.jpeg

11:49  先へ進んでみると沢沿いに「秋葉古道」の標識あり。秋葉街道ではない。後で分かったが区別されて内容だ。堰堤脇の急登や沢を担ぎ上げたり渓流釣りに来たよう。

 

image3.jpeg

ここには「秋葉街道」w

沢を渡って右側から上って行けば標識通り。渡ってみて周辺を調べながらも、直進したら行き止まり気味に急斜面に阻まれた。

 

image1.jpeg

数十メートル行けるとこまで進んで見上げたら、白いものを発見!

ガードレール〜=林道!!、直登は無理なので低い左のほうへ斜めによじ登った。

やっぱり渓流釣りに来たような感じ・・?。手には竿、ではなく自転車だが(笑)

 

image2.jpeg

12:20  上りきってホッとしたところで一休み・・・飾りのガーミンw

 

image3.jpeg

いつまで通れるのか(@@)

此処からは路肩寄りは怖くて歩けなくなりました。

 

image2.jpeg

まだ通れる。分杭峠のようになる前でセーフ

何を仕留めたのでしょうか、下のほうで銃声二発+やまびこで計四発w

 

image4.jpeg

ロードバイクでは乗る気になれません。

熊スズが無いのでたまに叫んで進んだが、一人でバカみたいなので(笑)アスファルトにクリートを叩きつけて金属音で熊除け対策とした。

 

image1.jpeg

13:15 登山道に到着、此処から20分らしい。

倍の時間みとけばいいかな・・たぶん35分で着くでしょ。

 

image1.jpeg

13:35 疲れがどっと、、、

視界は開けないが、新緑が綺麗でいい所です。

 

image2.jpeg

13:45 もう少しなのに最後の九十九折りがキツかったorz

 

image1.jpeg

13:50  青崩峠

工事の下見に来てた人に遭遇、ちょっと驚いてました。

やっぱり35分だった(笑)

 

image2.jpeg

静岡県側

 

image3.jpeg

静岡県側からは舗装路で車でも峠のすぐ近くまで上がれるが、急坂なので自転車ではキツイだろう。下るにしてもブレーキ握りっぱなしで嫌になってしまったw

 

image1.jpeg

13:24 152号線に再復帰

 

image2.jpeg

道幅も広く景色にも癒されながら走る。

下り基調をロードバイクで走る秋葉街道は、とっても快適〜♪

 

image1.jpeg

15:20 自販機休憩

湿度が高い向かい風のせいか、気温表示板は29~30を行ったり来たり。

大好きな「世界一バリスタ微糖」を見つけて、ここで補給食を完食。

越えてきた峠を考えると、もっと持ってないとダメだなと少し反省。

 

image2.jpeg

152号線は橋の方向、左の道と楽なのはどっち・・・秋葉街道を走りに来たので152号線を行ったが大正解!

日陰でアップダウンも少ない道でした。

 

image3.jpeg

15:40 まさかの通行止め(@@);;

結局、秋葉ダム湖の対岸の道に迂回させられる。

 

image1.jpeg

交互通行で30分待ちのところ自転車は行かして貰えた。

完全に道を塞いだ土砂崩れ現場、3月9日に起きてこの状態。

 

image2.jpeg

つり橋を発見して対岸へ、152号線復帰は何度目かなw

しばらくして対岸に30台位の車が走ってるのが見えた。

よく丁度良いところに吊り橋があって助かった(^^)v

 

image3.jpeg

16:05 秋葉ダム

難所はすべてクリアした。あとは油断せず無事故で走りきること。

サイコンが飾りなのでwスピードもケイデンスも分からないまま、何も気にせずペダルを回して純粋に自転車を楽しめた。たまには情報に左右されないのも良いなと思った。また情報を楽しみたくなるのだろうけども(苦笑)

 

image1.jpeg

18:10  通勤時間帯と重なってしまい、渋滞を抜けて浜松駅南口到着

丁寧に輪行準備して近くの「丸浜」さんでうな重〜♪

19:21発の新幹線で帰路についた。

何度も土砂崩れ&通行止めがあったが、お天気も良くて全て結果オーライ。慌てることもなく無理のない楽しいサイクリングを満喫できた。あ〜楽しかった(^^)♪

 

走(歩)行距離 112km(ルートラボ参考)

                ドット
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ロゴ

カテゴリ

    

アーカイブス